2019.03.11 OFFICE

ジコチューなビジネスで生きる

篠田です。

先日有り難いご縁をいただきまして、
コワーキングスクールキャンプという講座のゲスト講師に呼んでいただきました。
コワーキングスペースを始めたい人や始めたての人のための講座です。

僕は「事業計画」の1コマを担当させていただきました。
自分の担当以外の時間は、ゲスト講師という立場でありながら
ずっとメモメモしながら聞かせていただきまして。

これをGROVING BASEを始める前に聞けていたら、
もっと苦労も少なくてお金も無駄にしなかったな・・・とも思いましたが、
苦労も財産だと割り切ります・・・。

次回は5/25-26の2日間で、横浜のコワーキングmass×massで開催されます。
これから場作りをする方、したい方は是非チェックしてください。

コワーキングスクールキャンプ

ジコチューな僕の場作り

今回は、講師としてお話しするために自身の振り返りをする良い機会になりました。
振り返ってみて、本当に自己中にGROVING BASEというシェアオフィスを作ったものだなと・・・改めて思います。

僕は家族といるのが好きなので、極力家から出たくない。
ただ、家で仕事をしているとどうしても集中できない。
だからといってお金を出してオフィスを借りて
扉を開ければ家族に会える夢のような環境を手放すのも嫌だ。
じゃあ、オフィスに家族に来てもらおう。

家族にとってはすごく迷惑な話ですが、
こんな個人的な思いから家族を呼べるオフィスになりました。

他にも「答えを教えてくれるコンサルタントじゃなくて、喫茶店のマスターみたいに何気ない一言でヒントを与える存在になりたい。」
と言い出してコーヒーの焙煎を始めたり。

「アイデアをすぐに見える形にしないとね」とか言って、
趣味のカメラの延長でフォトスタジオを作ったり(結局自分ではほとんど使えてない・・・)。

GROVING BASEのほとんどが僕が個人的に好きなものややりたいことを集めて出来ています。

ジコチューだとトンガレル

家族を呼ぶ事ができるフロアがあるのも、
健康的で家庭的なランチが食べられるのも、
無料で焙煎したてのコーヒーが飲めるのも、
キレイな写真が撮れるのも、
全部僕の個人的な願望を形にしたものです。

もしも「あなたの理想のオフィスを教えて!」と
1000人にアンケートをとってGROVING BASEを作っていたら?
もしくは、「どうすれば投資効果が最大化するか」と考えて作っていたら?

少なくとも家族を呼べるオフィススペースはなかっただろうし、
カフェの備品やフォトスタジオにかける予算は、人間工学に基づいたイスや防音のきいた個室の壁に使われて、
今のGROVING BASEとは全く違うものになっていたと思います。

1000人のアンケートから導き出されたものは、それはそれで良いものなんです。もちろんみんなが欲するものでしょう。

でも「色々見たけどここしか考えられない」って言ってもらえるようになったのは、
僕の自己中心的なワガママに対して「やめとけ!」と言わなかった家族や設計士を始めとする協力してくれた人たちのおかげ。
ジコチューは個性です。

ジコチューなビジネスで生きる

これからの僕の役割は「ここしか考えられない」と言ってくれた人に
失望されないように走り続けること。
退屈しないように新しいことを始めること。
挑戦する勇気を与えること。

ジコチューはリスクがあるかもしれませんが。
勘違いされることも、孤独を感じることもあるかもしれませんが。

僕は、これからもジコチューなビジネスで生きていこうと思います。

マイスタゼミ無料体験会のご案内