2021.03.19 OFFICE

イベントレポート『ぼくらのコーヒーキャラバン -みんなで学ぶコーヒーコミュニティ』2021年3月17日

「コーヒー沼」と表現されるほど、とてつもなく奥が深い、コーヒーの世界。
本やネットで勉強するのも良いけれど、みんなで意見を交換しながら、知識を深めていきたい。

そんな想いから、「ぼくらのコーヒーキャラバン」を企画。
3月17日に開催しました。
(毎回、告知ができておらずごめんなさい…)

主催はライノ代表の崔禎秀さんと、GROVING BASE代表・colon coffee roasters代表焙煎士の篠田拓也。
コーヒー沼にどっぷりとハマっている2人が手を組んで、コミュニティを立ち上げました。

コミュニティといっても、和気あいあいと楽しく学べる、サークルのような雰囲気。
誰かが講師になるわけでもなく、知識や技術を披露するのではなく、ここではみんなが平等です。

初回となる今回のテーマは、「焙煎度」。
同じ品種の豆だけれど、焙煎度を変えたらどんな風に風味が変化するか、全員で味わいながら楽しみました。

「本当に同じ豆?色も味もぜんぜん違う!」と、参加者からは驚きの声も。
ほとんどがはじめましての皆さんでしたが、終わる頃には和気あいあいと盛り上がっていました。

「次はこだわりの器具を教えてほしい」「一緒に食べると美味しいお菓子を試してみたい」など、早くも次回に向けてテーマのリクエストもたくさんいただきましたよ。

ちなみにGROVING BASEでは、入口にある焙煎機を、シェアロースターとして貸し出しています。焙煎は敷居が高そうだけれど、怖がらずにどんどん試してみてほしいと、焙煎士の篠田。
挑戦してみたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

今回は「焙煎度」でしたが、テーマを変えて、継続して開催していきたいと思います。
また開催が決定したら、(今度こそ)ホームページで告知しますので、ぜひご参加くださいね。一緒に、コーヒー沼にハマりましょう!

参加者の皆さま、共同主催の崔禎秀さん、ありがとうございました!